往復13,000円で行ける楽園、チェジュ島(済州島)。格安旅行にする方法
スポンサーリンク

こんにちは、格安旅で余ったお金は食べ物につぎ込むぽけすぱの琴(@pokesupa_koto)です。

格安でリゾート地に行けたりしないのかな。

そんな夢を見たことはありませんか。気軽な気持ちでハワイやグアムに行けたら最高ですよね。しかしなにせリゾート地は航空券や滞在費、食費など、かかる全ての値段が高い。

どこか良い場所はないのかと思っているあなたに、お隣韓国で破格の値段で行けるリゾート地をご紹介します。

そんな素晴らしい場所、チェジュ島です

チェジュ島(済州島)とは?

チェジュ島(済州島)は韓国にある観光地です。

日本で一番近い海外リゾート、韓国のハワイとも呼ばれ、豊富な観光資源を持っていることから多くの観光客で賑わっていて、四方が海に囲まれていることからマリンスポーツが活発です。

面積は1,845 km²と沖縄本島より少し大きめです。

済州国際空港のある島の北部付近は都会で観光するに便利。西部には絶叫マシンが豊富にある遊園地や、ウォータースライダーショッピングモールなどがある観光地の神話ワールドが人気。南部は他と比べると田舎ですがノマドの人にはゆったりできる空間で、サーファーが集まる中文ビーチがあります。そして東部には牛島(ウド)という小さな島があり、多くの観光客がフェリーに乗って遊びに行きます。

チェジュ島は自然もアクティビティーも食事も全部楽しめる!

チェジュ島には世界遺産が3つあり、漢拏山(ハルラサン)国立公園でのトレッキング、城山日出峰の頂上から見る日の出、拒文オルム 溶岩洞窟と、見所が沢山!

食べ物は海の幸を使った刺身が人気ですが、黒豚のサムギョプサルは一度は食べておきたいですね。
また、みかんの生産地でもあり、みかんかき氷が女性から人気だとか。なんと韓国のみかんの90%はチェジュ島(済州島)産と圧倒的な生産量です。

 

雄大な大自然にシャッターの手も止まらなそうです。

スポンサーリンク

チェジュ島への安い行き方は2通り

1とにかくチェジュ島を楽しみたいなら、直行便

チェジュ島へは直行便があります。
日によっては安い日がたまにあるのでそこを狙っていくのもありですね。たまに8,000円位のチケットがあります。そうでない日は2万以上軽く超えてきますが、チェジュ島だけをとにかく楽しみたいという方は、往復直行便で間違いないと思います。

2直行便が高かった時は仁川国際空港で降りて、金浦国際空港で乗り継ぎ

お金はないけど時間には余裕のある方や、直行便が高かったけれど日程を変更できない場合は仁川国際空港で降りて、金浦国際空港に移動しそこから済州国際空港へ行きましょう。平均的に安い日程が多いです。

成田空港から仁川国際空港へは大体5500円程。
金浦国際空港から済州国際空港へのチケットは安い日は1100円で買えます。

乗り継ぎするまでの間ソウルで観光するのもいいですね。格安チケットの日程に合わせてソウルに宿泊してもその方が安い場合もあります。

ソウル仁川空港からの乗り継ぎは高いので注意!

残念ながら仁川空港から済州国際空港への直行便はなく、乗り継ぎが1回挟まれるので時間もお金もかかります。

チェジュ島にいくなら、素直に直行便に乗るか、金浦国際空港で乗り継ぎしましょう!

スポンサーリンク

宿泊はAirbnbで一泊3500円。2人以上なら1750円以下に!

航空費を往復13000円程でおさめたら、次は宿泊費。

普通にホテルに泊まると平均1室9,000円程。1人4500円。
5つ星ホテルでも1室25,000円、1人12,500円と普通に泊まっても意外と安いんです。

それ以上安く泊まるにはAirbnbがかかせません。
Airbnbを使用した場合のチェジュ島の平均室料は3,500円。なんと1人1,750円で泊まることができます。海辺のお家も多く、窓から海を眺められる部屋もかなり多い印象でした。安いところは2,000円代のところも!

往復13,000円で行ける楽園、チェジュ島(済州島)へ

こんなに素晴らしい韓国のハワイ、チェジュ島(済州島)。

安いチケットを取ればたった往復13,000円で行けてしまうなんてこれは行くしかないですよね?

チケットの予約はskyscannerを使った時が一番安かったので、行く時はぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事